Vx-80バランサーについて

■初期画面

VP80front.jpg

VP-80のメイン画面です。ハイライトされたアイコンは購入されたオプションでその他のアイコンはハイライトされません。各モードへの移行はアイコン選択後の開始ボタン(ファイヤーキー)で行います。

■オーバーオール測定画面

VP-80では同時に4CHの測定を行なうことができます。画面は2CHの加速度センサーを用いて2画面同時にOA(オーバーオール)を表示させた例です。画面は設定により、波形や数値を表示させることができます。画面の右側に表示されているOver all(B)のBCUと言う単位はBearing Condition Unitと呼ばれ、ベアリングの良否診断に用いられています。

OA01.jpg

■FFTアナライザー

FFT01.jpg

FFTアナライザーでは、加速度(速度)の波形とFFT解析結果を同時にリアルタイム表示することができます。また、FFT解析波形は拡大(ズーム)や卓越周波数検索(ピークサーチ)等が可能で、機器の異常成分を即座に発見することも可能です。

■バランサー機能

VP-80では2面のフィールドバランス修正作業を行うことができます。フィールドバランス修正作業操作は、対話式で行われるため、簡単でスムースなバランス修正が可能です。また、バランス修正時の修正作業内容はステップ毎に記録され、途中で間違った場合でも直前の修正作業に戻ったり、複数ステップ以前にさかのぼり修正作業を繰り返すことができるので正確な修正作業が可能です。

2balance01.jpg

■トラッキング

Tracking01.jpg

トラッキング測定が可能です。機器運転開始時の起動(ランアップ)振動波形や停止(コーストダウン)時の振動波形等の測定ができ、測定された結果はウォーターフォール等のグラフで表示させることができます。


a:495 t:1 y:1