ベアリング簡易評価装置 BRK-6xの詳細

全体図

BRK-6Xの前後

BRK-6xに使用されているモーターは定格60Wの直流のブラシレスモータです。電源電圧は単相AC100V(BRK-61)または単相AC200V(BRK-62)の2種類があります。モータの定格はご要望に応じて変更することが可能です。
BRK-6x is equiped with the DC brashless motor rated 60W. Both AC100V(BRK-61) and AC200V(BRK-62) input voltage are available for the kit. Select the voltage when you order.

側面図

装置の中間にはパーマトルクと言う負荷装置が設置されていて、回転中のベアリングに負荷を与えることができます。回転数は有負荷で1800rpmまで、無負荷で4000pmまで設定することができます。
BRK-6x is equiped with the variable Load Unit called Parma Tork. BRK-6x can be used under the revolution up to 1800rpm with load and up to 4000rpm without load.

BRK-6Xの左右側面

パーマトルク(負荷装置)

TORK.jpg

パーマトルクは5段階の負荷調整を行うことができます。
(負荷装置を使用する場合は、モーターの回転数は1800rpm以下で使用します)
BRK-6x can be used under 5-steps load conditions. (Use BRK-6x under 1800rpm with load.)

計測・評価中のイメージ

負荷および回転数を変化させると計測器上で様々な事象を観測することができます。特にベアリング外輪に傷があった場合、約5kHz~15kHzの間に特有の周波数成分が現れてきます。(FFT波形の赤丸部分がベアリング外輪傷による特有な周波数帯です。)
By using BRK-6x and monitoring devices, you can observe the outer and the inner race damaged waveform and frequencies with a pre-adjusted load and revolutions. (Phote shows the screen shot of the outer-race damage frequency band.)

VP-80での解析例



a:738 t:2 y:1